So-net無料ブログ作成

川~天与海与 [TINGARA]

時計を少し戻して、22日のこと。
7月に引き続き、


TINGARA&ボクネンズのシークレット・クリスマス・パーティ
in ボクネンズアート東京
のご招待を受けました!
こんなに嬉しいことは・・・何回もあっていいことなのかしら?
TINGARAのお2人
↓(26日)は、一般に門戸を広く開いて募集をかけましたが、
この日は、TINGARAのお2人の、
 『会いたい人&会ってみたい人』
に限ってのご招待と、とっても嬉しいことをおっしゃっていただきました。
前回同様、予定の人数を遥かに越え、(招待した方ほぼ全員が参加した為)
懐かしい顔も、新しい顔も沢山!
隣の人がメマグルシク替わる中、楽しいおしゃべりに花が咲き乱れます。

この日は、普段レコーディングスタジオ(通称hideスタ)で使用しているという、
プロ仕様のスピーカーでの新曲のお披露目がありました。
 すごい!
スピーカーが違うだけで、こんなにも音が違うんですね。
高音はまだしも、低音の響き方が全然違う!
大きな音で流していないにも関わらず、
体にビンビン響いてくる感じです。
クラシック愛好者が、いいスピーカーに拘る訳がわかる気がしました。
やっぱりスピーカーはいいものを買った方が、絶対にいいんだわ!
(これに関しては、26日に詳しく聞くことが出来ました)

お土産は、未発表新曲全部が入ったCD(もちろん23番)

それと本日なんと沖縄から参加された方の差し入れの泡盛、
久米島の久米仙『23°』(こちらも未発表)を抽選でGET!
今年の運は、これで使い果たしちゃったかな?

*******************************************************************

そして今日、先日予告した通り、

『ケンウッドスクエア丸の内』にて、
TINGARAの新曲試聴会と、トークショーが行われました。
本日使用のスピーカーは、これ。

ケンウッド創立60周年記念 TRIOモデルK-TR60 (詳しくはコチラ
こんなに小さいのに、ものすごく音が綺麗なんです。
・音域が広い。
・音が豊かに響く。
・今まで知らなかった音が溢れてくる。
最近は、こんな風にゆっくり落ち着いて、
集中して音楽を聴くことがなかったのに気づきました。
要所要所に説明を頂いて注意して聴くと、新たな世界が広がっていくようです。

TINGARAの音作りや、hideoさんの音楽家としての拘りも、沢山聞かせて頂きました。
・実際に生でオーケストラを聴くように、音を振分け、コーラスを振分け、
 スイートスポット(左右のスピーカーから流れる音が一番よく聴ける場所)で
 いかに臨場感を感じられるか。
・声の揺らぎを重ねることによって、TINGARAというサウンドが生まれる。
 主旋律は4回以上、コーラスを含めて、40トラック以上重ねている。
 (つまり40人のコーラス隊がいるように聴こえる!)
 それが全て実際ボーカルのtsugumiさんが毎回気持ちを新たにして、
 40回以上歌ったものだというから、これはすごいことです。
 (だって、普通は40回、全く同じようになんて歌えないでしょ?)

ケンウッドのマネージャー、竹之内様氏と、
ジョー奥田さんを交えての音楽業界に携わる人たちのトークは、
音というものの原点を改めて考えさせられるお話でした。
すなわち、
・CDと携帯用音源の普及によって、音楽の意味が軽くなり過ぎた。
・実際にCD化する時は、音楽家が作り出した音から、
 人の可聴域といわれている範囲しか使っていないので、
 本当に彼らが聴かせたいと思っている音楽の何分の一にも満たないものなのだ。
・不可聴域な音だって、たとえ音として聴こえていなくても、
 何らかの感覚で人は聴こえているはずのものを切り捨ててしまうということは、
 とても不自然なことだし、本来はそれを含めて『音』は創られている

実際、今日使われたスピーカーは、
超高音まで再現して届けるそうなのです。 
聴こえなくても、あるとないとでは、全く音の豊かさが変わってしまうとか。
そして、今流行の5.1chは、映像用であって、
音楽を聴く為にはあまり適していない、ということ。
これはもし自分がオーケストラの真ん中にいることを考えたらわかるはず。
たとえば、右前からバイオリン、左前からはコントラバス、
右後ろからコーラス、左後ろからトランペット
本来なら混然一体となって届く筈の音が、四方八方から、
しかも時間差をもって押し寄せてくることになるのです。
三半規管がおかしくなって、気持ち悪くなること請け合いですよ。
これだけi-podなどのポータブルプレーヤーが溢れている中、
警鐘を鳴らすのは生半なことではありませんが、
最後にケンウッドというメーカーから、長年音に携わってきた竹之内さんから、一言。

 「音楽を楽しむ時間というのは、自分の生きている時間を費やしているのだから、
  たとえ3分でも、少しでも上質な音を聴いた方が、
  より豊かで有意義な人生の使い方になるでしょう?
  それなら、やはりいいスピーカーで聴くことが一番です。
  でも、それができなくても、PCにCDを移す際、
  ビットレートを限度まで引き上げてみて下さい。
  それだけでも全然音が違いますよ」

ちょっと硬い話になってしまいましたが、
こういう話はなかなか聞けないので、一人でも多くの方にお知らせしたかったんです。

今回のブログ・タイトルは、旦那さんが一番好きだという曲のもの。
ゆるやかな大河にのって、流されていくようなイメージ。
残念ながら今回は紹介されませんでしたが、
私の好きな『凛として咲く』はちゃんと聴くことができました。
普段うちのしょぼい音源でしか聴いていなかったので、
本当に感激ものでした。今日は、この1曲が聴けただけでも充分なくらいです。

・・・と、言いつつ、もちろんその後の打上げにも参加して来ましたよ。
東京バルバリでまたしても贅沢し放題なのだ~☆☆
(シェフの小池さんが見てくれているので・・・・媚)




美味しいお食事を頂きながら、TINGARAの裏話を聞いたり、
TINGARAファンの皆さんといろんなお話をしたりして、
今日もとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 hideoさんとジョー奥田さん・ふたりの巨匠 & Tsugumi姫
本当に2日間ありがとうございました。
『また』があったら・・・絶対参加させて下さいね♪


兵どもが、夢の跡・・・


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 10

袋田の住職

先週は激重でお蔵いりになった記事があります。
昨日と今日は本堂掃除です・・。
by 袋田の住職 (2006-12-28 06:52) 

mimimomo

こんにちは^^
耳の良い方はやはり音へのこだわりが凄いですね・・・
音痴のわたくしは聴くことそのものが他の方のようにはいかないから、
少々おかしな音でも平気なの。夫が聴いたら『どうしてそんなのが聴いていられるの』と申しますが(--)
by mimimomo (2006-12-28 12:14) 

jewel

素敵な素敵な時間を
過ごされましたね。
「逢いたいひと」限定に
誘われるなんて、今までもこれからも
とてもいい関係(最高!)が続くのでしょう。
ここまで密接に歌い手さんと
ファンのつながりのあることは珍しいですよ。
猫ふみふみさんが TINGARA を
心から愛しているのがわかります^^。
そしてあちらも、猫ふみふみさんのような
ファンをとっても大切にされているのがわかりますね。
by jewel (2006-12-28 18:01) 

tsugumi@TINGARA

わんこ2323さん、にゃんこ2323さん、
26日は大雨の中、ご来場ありがとうございました!
それにしてもにゃんこさん、驚きの記憶力!すごすぎ・・・。
竹之内さんのお話も、一字一句はずさず、、というか、
そういえばそんなお話だったなぁ、と
レポートを読ませていただいて感慨を新たにしました。(笑)
心のこもったレポート、どうもありがとうございます!

んで、にゃんこさんがつくってくれたお鍋、美味しかったにゃん☆
来年もまた遊びましょうね。(^O^)
by tsugumi@TINGARA (2006-12-28 18:37) 

くみみん

こんばんは。
猫ふみふみさんはTINGARAさんたちの大事な人なのですね。
昔、聴覚障害を持った方のお話で耳が不自由でも音が聞けるとおっしゃったことに驚いたことがあります。きっと、不可聴域の音のように体に感じるものなんでしょうね。
by くみみん (2006-12-28 22:38) 

trazy

こんにちわ。(^^)。 お料理がちゃんと記録されているのに驚きました。
目の前にいらっしゃったのに・・いつの間にという感じです!

まだ、ちょっと早いですが、良いお年をお迎えください!
また来年も、よろしくお願いします。
by trazy (2006-12-29 08:57) 

ж鳳爪

40トラックも重ねてるってスゴイですね。
昔、ライブハウスクラスのバンドのレコーディングに参加したことがあり、
限られたトラック数でも、音を重ねていく苦労というのがとても繊細で
楽しくもあるけれど、大変なことだというのは理解できます。
いいスピーカーは買えないけれど、せっかく引越しもしたので、何とか
音楽のある生活に戻れたらいいな~と、ふみふみ様の記事を拝見して
思いました。
by ж鳳爪 (2006-12-31 02:25) 

み〜ちゃん

昔,ちょっとだけ吹奏楽をやっていたのですが,
その時低音の重要性について気がつきました。
音の広がりが違うんですよね。
だから家のコンポ類は低音をちょっとだけ大きくしています。
すてきなパーティ,良かったですね^^
すてきなクリスマスです^^
by み〜ちゃん (2006-12-31 16:46) 

ぽんず

素敵な音楽に美味しいお料理なんて格好良すぎます。酔い音を選んで聴いている人は、やはり耳も鍛えられているのでしょうね。うらやましいです。
このお正月私も訳あって耳を少し鍛える予定です。泥縄ですけど(笑)
by ぽんず (2006-12-31 17:02) 

猫ふみふみ

 Λ   Λ
=(①ェ①)= 皆様、いつもありがとうございます♪

☆袋田の住職様
すっかり年が明けてしまいましたね。
うちは結局大掃除はせぬままの年越しでした。
綺麗な家での年越し・・・付け焼刃ではかないませんね。
とりあえず、春になったら動き始めようと思います。
なにせ、寒いのが苦手なんです・・・^^;

☆mimimomo様
普段は、じっくり聴く機会もないので、適当で充分なんですが、
『聴く』となると音はいい方が気持ちが良いです。
問題は、その時間がないってこと・・・。

☆jewel様
誘われるのは本当に嬉しいことですね。
できればいつもTINGARAと何かしらでつながっていたいと思います。
たとえば、ブログで。たとえば、HPで。
せっかくのいい音楽なんですもの、世界中の皆に聴いてもらえるといいな。

☆tsugumi様
一番前で聴いていたのもありますし、印象に残るお話ばかりでしたもの。
更に耳は2人分、全部で4つの総まとめなので、記憶からこぼれた分を
互いに補足しあいました(笑)。
お鍋って、お家によって作り方が違うのがよ~くわかるひとコマでしたね。みぃさんと2人で???マークだらけにして頑張った甲斐があったかな?

☆kumimin様
音は波動なので、鼓膜だけではなく、体全体に伝わる振動で
音を感じているのだ・・・というのを聞いた事があります。
ただ、年齢を経る毎に、可聴域は狭まっていくそうなので、
もったいないって思うんですよ。聴けるうちにできるだけいい音を
覚えておきたいものです。

☆trazy様
早業でもなんでもないのですが・・・ブログを始めてから、
何でも写真に収める癖がつきました。
ちなみに三元豚の写真のお箸は、trazyさんのです(笑)。
つまりはこんなタイミングなのでした。
明けてしまったので・・・今年もよろしくお願いします。

☆*鳳爪様
わあ、素敵な経験をお持ちなんですね。
私は高校の時にギターアンサンブルの経験があり、
60余人の中の1つの音でした。
その場で全員が同時に合わせるのも大変でしたが、
録ってしまった音を重ね合わせるのはもっと大変なことでしょう。
うちもいいスピーカーはちょっと無理なので、
たまには、ここに出かけて、耳に栄養を与えようかな、と思います。

☆み~ちゃん様
いいスピーカーほど、不可聴域の高音・低音まで
再現しているそうなんです。
特に低音部は、心地よい響きがありますよね。
クリスマスパーティはこれにて終了。良い年の締めくくりになったと思います。

☆ぽんず様
ぽんずさんは、いっぱいいい音を聴いていらっしゃるでしょう?
うちはダメダメ、音楽を『聴く』という環境にはほど遠いです。
猫のニャき声なら五月蝿いほどなんですけどね~(笑)
そんなこと言ってないで、ちょっとでもいい音を聴く努力をしようと思います。
by 猫ふみふみ (2007-01-16 17:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。